MENU

【2021】【お値引き25万円】フリードから新型ソリオに乗り換えた話。

我が家では子供が生まれた時にフリード(DBA-GB3)を購入しましたが、この度新型ソリオへの乗り換えを決意しました。

その経緯をご紹介します。

フリードを降りる理由

f:id:hirumanian:20210503210259j:plain

フリードには下記のようなメリットがあります。

メリット

 

1. ちょうど良い大きさ

フリードは5ナンバーサイズなのでセレナやボクシーなどより小さい分、取り回しがいいです。

よってミニバンが欲しいけれど運転がちょっと心配と言うママさんには超おすすめです。

 

2. 積載量が十分

フリードは3列シートで最後列シートは畳めるため、ラゲッジスペースはかなり広いです。

ベビーカーや三輪車など育児必須アイテムをもれなく積むことができます。

一方、次のようなデメリットもあります。

 

デメリット

 

1. エアコンが弱い

7-9月の猛暑時はエアコンの効きが極端に悪くなります。

吹き出し口からはぬるーい風が出てきます。

何度もメンテナンスに出しましたが問題はないとのことで仕様と思われます。

乳幼児を乗せる車としてはエアコンの効きは非常に重要なのでかなりのマイナスポイントです。

 

2. 前席が暑い

フロントガラスがかなりの角度で寝ているため、前席にかかる屋根の面積が小さく、直射日光が容赦無く降り注ぎます。

これによって、大して暑くない日でも暑く感じられ、熱中症になることが多々ありました。

 

3. 前席、後席が寒い・暑い

空調の吹き出し口が後部にはないため、エアコンの風がほぼ回ってきません。

よって夏は暑い、冬は寒いという一番嫌な状況でした。

 

4. 足回りがふわふわ

足が非常に柔らかく、ふわふわします。

路面のギャップを超えた後の揺り返しがいつまでも収束せず、ゆらゆらしています。

そしてこれを何回かやっていると高確率で車酔いを発症します。

もちろんショックが抜けているのではないかと考え、ディーラーに点検も出しましたが、「仕様です」という一番聞きたくない言葉が返ってきました。

 

とにかく乗っていて快適ではないのです・

そんなわけで家族会議が開催され、フリードから次の車への乗り換えが決定しました。

次の車はソリオに! 

初めはセレナ、ステップワゴン、ボクシー等も検討しましたがその価格の高さから諦めざるを得ませんでした。

そこそこの仕様にするとどれも300-400万コースで、我が家のような低収入家庭では購入できません・・・

そんな折、ZC33Sの整備をお任せしているスズキディーラーに行った際に目に入ってきたのがソリオでした。

f:id:hirumanian:20210503205529j:plain

サイズ感はフリードより若干小さいですが、中は広々として快適性に気が使われていることがすぐにわかりました。

例えばエアコンの冷気を循環させるサーキュレーターや座席のテーブルなど、子育て世代には嬉しいアイテムが標準で付いてきます。


www.youtube.com

また、新型は後部荷物置き場の容積が増えており、ベビーカーも積めるスペースが確保されています。


www.youtube.com

「これでよくないか?」

と嫁に言うと嫁も「これ、ほしい・・・」といい、

試乗してみることにしました。

 

走り出してすぐにわかったのが足回りのしっかり感です。

フリードで感じられたふわふわ感は皆無で、硬すぎず柔らかすぎず、ショック後の収束時間が非常に短い絶妙な乗り味でした。

また1.2L+モーターという一見非力なエンジンですが車体が軽いこともあって必要十分なパワーでした。

またサーキュレーターも非常に良い仕事をしていて、後席まで涼しい風が循環してくるのが感じられました。

また後席窓にはシェードもあるため、日差しもカットできました

 

乗り終えて、すぐに商談となりました。

 

※ちなみにバンディットもありましたが、うちは無印にしました。正直バンディットのお顔はD○Nくさかったので・・

f:id:hirumanian:20210503205739j:plain

限界値引き額は25万

結論として最上級グレードのMZ(全方位モニター、ナビ)(電動スライドドア、サーキュレーター標準装備なので)を選択し、下記のオプションを付けました。

ワイドバイザー

フロアマット

ETC

ドラレコ(前後)

 

ここまでで約240万円です。

これにメンテパック込みの諸経費が約30万乗ってきますので、合計約270万となりました。

ここからフリードの下取り60万円が引かれて210万となったわけですが・・・

ここからお値引き交渉です。

最初から20万引くことは織り込み済みだったようであっさり引いてくれましたが、30万引は頑なに拒否でした。

私もあまりお値引きさせるのは好きではないのですが、このディーラーでは3台も買っているのでもうちょっと。。という思いが強くなり、粘りに粘ってしまいました。

結果、25万引の185万円でフィニッシュとなりました。

 

ただ「昨今の半導体不足もあって納期が8月になる、それではフリードでエアコンが効かない7月を過ごすことになるので申し訳ない」とのことで7月から代車を用意してくれることになりました。

このようなお値段には表れない気遣いもあったので非常に良い買い物をした気になりました!

また納車されましたらレビューしたいと思います。

ZC33Sのようにいじったりはしないと思いますがw

 

ちなみにフリードの売却に際しては楽天の一括査定に出しました。

 

スズキディーラーでは60万が限界ということでしたが、他業者では85万をつける業者もいました。

ただし、ソリオ納車までまだ時間があること、さらに7月から代車を出してくれると言う条件があったため、今回はディーラー下取りとしました。

乗り換えまでまだ時間がある方はディーラーではなくこのようなサービスを利用することを強くお勧めします。

過去記事ですが以前私が乗っていたディーラー下取り50万の車が100万になったことがあります。

ご参考にしていただければと思います。

 

www.kabebashiri.com

 

www.kabebashiri.com