MENU

【徹底解説】ZC33S TM-SQUAREシフトカラー取り付け1

本記事の内容

・TM-SQUARE製シフトカラー (シフト側)の超絶詳しい取り付け方

・取り付け後のレビュー

よく言われているようZC33Sのシフトフィールは悪いです。

どのギアもグニグニと樹脂がたわむようなフィーリングがあり、スコスコ入る感じが乏しいです。

せっかくヒール&トゥで回転数を合わせても、ギア操作が渋いと残念な気持ちになります。

 

でもこれ、改善できます!

 

剛性感がないのはシフトレバーとミッションを繋ぐワイヤーの留め具にゴムブッシュが使われており、それがシフトチェンジの際に変形することが原因です。

よってこれら金属製ブッシュでリジット化することで改善できます!

 

使用するのは・・・

TM-SQUAREのシフトカラー です!

本エントリーではこの取り付け方を超絶分かりやすく解説しました。

私のような車いじり初心者の方でもこれを見れば取り付け可能です!

ぜひご覧ください!

 

 

本シフトカラー はシフトレバー側とミッション側のブッシュを打ち替えますが、本エントリーではまずシフトレバー側の取り付け方法をご紹介します。ミッション側は下記をご覧ください!

 

 

www.kabebashiri.com

 

交換作業

早速取り付け作業をご説明させていただきます。

まずはセンターコンソールのバラシからです。

1. クラッチ横、助手席右のパネル除去

ここは下に手を入れて引っ張るだけで取れます。

内装バラシをやったことがない初心者の方は(私のことです)「壊れるんじゃないか」と心配になるかもしれませんが、そう簡単には割れませんので思い切ってやってみましょう。

f:id:hirumanian:20200216145248j:plain

 パネルを取ると下のようクリップが残ってしまうことがありますがクリップ外しで取ってしまい、パネル側に戻しましょう(これをやっておかないと戻せなくなります)f:id:hirumanian:20200216145513j:plain

f:id:hirumanian:20200216145738j:plain

クリップはずしは色々ありますが私はオーソドックスなエーモン製を愛用しています。 

 

2. シフトレバー周りの赤いトリムを外す

内装剥がしを車体前方側の先端部に差し込み、浮かせていきます。

先端が浮いたら徐々に手前に移動します。

この時手でパーツを引っ張りながらやると取れやすいです。

と言っても初回はすごく硬いので徐々にやりましょう。

それと内装剥がしを回してむりくり浮かせようとするのは絶対にやめましょう。

これをやるとトリムに内装剥がしのエッジが食い込み変形します(私は初回にやってしまいました・・)

 

終わったら助手席側、シフトレバー後方もやり、全体が浮いたら手で引っ張って取ります。

f:id:hirumanian:20200216150203j:plainf:id:hirumanian:20200216150307j:plain

内装剥がしは数種類(長さや硬さ)用意して使い分けるようにすると便利です。

3. ドリンクフォルダーの取り外し

下記のように内装剥がしをまずは前方につっこみ爪を外します。

f:id:hirumanian:20200216150702j:plain

その後運転席側(助手席側)につっこみ徐々に浮かせていきます。

ある程度浮いたら手で引っ張って取り外しです。

硬いので気長にやりましょう。

f:id:hirumanian:20200216150718j:plain

やっと取れた!の図

f:id:hirumanian:20200216150731j:plain

4. ドリンクフォルダ下のネジ取り外し

下記の位置にあるネジを外します。無くさないように先ほど取り外したドリンクフォルダーにでも入れておきましょう。

f:id:hirumanian:20200217045005j:plainf:id:hirumanian:20200217045130j:plain

5. サイドレバー直下のカバー取り外し

写真の位置に内装外しorクリップ外しを突っ込んであおります。

結構硬いです。

f:id:hirumanian:20200217045458j:plain

f:id:hirumanian:20200217045513j:plain

6. 後部座席側のクリップ除去

プラスドライバーで頭を浮かせたらクリップ外しで除去します。

左右2つあります。

f:id:hirumanian:20200217045802j:plain

f:id:hirumanian:20200217045810j:plainf:id:hirumanian:20200217045829j:plain

f:id:hirumanian:20200217045837j:plain

7. 位置決めピンからコンソールを外す

運転席側にコンソールをずらせば外れます。

f:id:hirumanian:20200217204455j:plain

8. シートヒーターの配線・カプラーを取る

配線 ーカプラー間に配線を仲介しているクリップが車体側に刺さっているのでクリップはずしで抜きます。

f:id:hirumanian:20200217204749j:plain

f:id:hirumanian:20200217210925j:plain

取り外し後の写真ですがカプラーは運転席側に爪があるのでこれを指で押してフリーな状態にしてから抜きます。

ちょっとこれが手が入りにくいので根気よくやりましょう。

f:id:hirumanian:20200217204929j:plain

ここまでくればセンターコンソールは取り外せます!

 

9. シフトリンケージの樹脂パーツ取り外し

ワイヤー受けとなっている樹脂パーツを外します。

写真のように樹脂の部分を前方に引っ張りながら上に持ち上げるだけで外せます。

 

つまんで

f:id:hirumanian:20200217205703j:plain

前方に引っ張って

f:id:hirumanian:20200218044416j:plain

持ち上げる

f:id:hirumanian:20200217205725j:plain

10. ナットを緩めてブッシュを取る

いよいよナットを緩めてブッシュを取ります。

ブッシュは全部で4つです。

ギア手前に2個と、ワイヤーの下の2個です。

手前2個はそのまま行けますが、ワイヤーの下(写真の黄色マーク)は首フリのジョイントがあると取りやすいですね。

 

f:id:hirumanian:20200217210043j:plain

f:id:hirumanian:20200217210604j:plain

f:id:hirumanian:20200217210817j:plain

取ったブッシュ。

このゴム部があのグネグネ感の原因です。

f:id:hirumanian:20200217210300j:plain

11. シフトカラー装着

いよいよカラー装着です。

いかにもチューニングパーツというカラーリングの金属ブッシュに打ち替えていきます。

といっても先ほど取った純正ブッシュと置き換えるだけです。

f:id:hirumanian:20200217210950j:plain

f:id:hirumanian:20200217211034j:plain


あとは純正ナットで規定トルクにて締めて、先ほどと逆手順でコンソールをもとに戻せば完成です。

せっかくのメタリックブルーが隠れてしまって残念ですが、手間がかかる作業のため、自分でやったという達成感は高いです!

 

ここまででシフト側の交換は終了です。

ミッション側の作業は下記で紹介しています。

 

www.kabebashiri.com

 

感想

ここまで終えて試乗した感想です。

 

純正とは別物のフィーリングです。

ヒールアンドトゥ時の素早いシフトダウンもガコガコ決まります。

運転する楽しさが40-50%くらい向上しました!

 

また一部ではギアチェンジ時の音が大きくなって不快と見ましたが、私は感じませんでした。

純正でこの音だったとしても「まあこんなもんか」と思うレベルです。

 

よって結論として「つけてよかった」ということになります。 

もしシフトフィールで悩んでいる方がいたら胸を張ってお勧めいたします!

さて、次回はミッション側を交換していきます!

hirumanian.hatenablog.com

 

 

 

hirumanian.hatenablog.com

 

 

www.kabebashiri.com

 

hirumanian.hatenablog.com