MENU

【悩む必要なし!】大卒エンジニアを悩ます現場の困ったおっさん対処法。

メーカー勤めの技術系の方ならご経験がある方が多いと思いますが・・

工場に困ったおっさんっていませんか?

f:id:hirumanian:20210908193252p:plain

 

具体的には以下のような行動を取る現場のおっさんです。

 

・頼んでも動いてくれない

・感情に任せた乱暴な言動、各種パワハラ行為

・「大卒のくせに」「大卒はいいよなぁ」が口癖

 

私の会社の現場にも数名そういうおっさんがおり、猛威を奮っております。

彼らの常軌を逸した行動や言動によって、会社を辞めたり、異動になる若手エンジニアも少なからず存在するため、社内でも非常に大きな問題になりつつあります。

つい最近も私の後輩(女性)もこの手のおっさんに泣かされて、凹んでいました。

その際、「こういう方にはどう接すればいいのですか?」と泣きながら聞かれましたが、正直返答に窮してしまいました。

そこで私はこの手のおっさんの生態を考察し、その対処法を探していました。

ひとまず現時点での結論を本エントリーにて記すことにしました。

少しでもこのようなおっさんに悩まされている方の救いになれば幸いです。

私の会社にいる困ったおっさん

私は化学メーカーで研究開発を行っています。

日々実験室に篭り、人々の暮らしをよくする化成品を開発するのが仕事です。

何年も研究を重ね、試作品を作ります。

その試作品で価値が認められれば量産化検討が始まります。

量産化を検討するには工場で大型の設備を使った試作を行う必要があります。

この際、設備をオペレートする現場の作業者とそのリーダーである職長に依頼をするわけですが・・

ここにしばしば曲者がいます。

 

特に私がこの数ヶ月手を焼いている職長がいます。

ある現場を指揮する45歳くらいの男性です。

地元の工業高校卒で、元ヤンのマイルドヤンキーです。

車もシャコタンオニキャン仕様のBbで、DADのステッカーがこれでもかと貼られています。

もちろんナンバーは8888です。

 

そんな彼の生態をご紹介します。

 

1. 若いやつ、女の言うことは聞かねー!でも上のいうことは聞いちゃう

この方に試作を依頼しても高確率でお断りされます。

「それやる意味あるの?」→あるからお願いしている

「なんで俺がやらなきゃならないの?」→本当は自分でやりたけど、設備の管理者だからしょうがなく頼んでるんだよ

「俺忙しいのわかんねーの?」→そんな風にはみえないんですが

とほぼいい返事をしてくれません。

 

また女性にはさらに厳しいです。

以前若い女性エンジニアが試作依頼しに行った時は

「俺が忙しいのがわからねーのか!?大卒のくせによぉ、馬鹿か!」

と現場に響き渡るような大声で怒鳴り散らかしていました。

その女性は泣き崩れていました。

ちなみに彼女は東大卒の超絶優秀社員で研究開発部では将来を有望視されていました。

しかしながら、彼女はこれが原因で異動願いを出し、他所の部署に異動して行きました。

 

そんな職長も上にはヘコヘコします。

その後、彼女に変わって部長が直々にお願いしに行った際には笑顔で引き受けていました。

つまり、人とのパワー関係で態度を変えているわけです。

 

2. 俺はお前の家来ではないんだ

試作を引き受けてくれたとしても油断してはなりません。

もし試作に立ち会わないと

「これはお前の仕事だろ?!なんで俺1人でやらなきゃなんねーんだよ!俺はお前の部下でも家来でもないんだぞ!立ち会うのが常識だろ?!」

と激怒します。

自分より若輩者に依頼されて、体を動かしているという事実に耐えられないのです。

仕方なく試作に立ち会うことになるわけですが、化学反応が起きているタンクを一日眺めるだけの作業は苦痛以外の何ものでもありません。

生産性低いです。

本来は現場の方はエンジニアに変わってこう言った単純作業を引き受けるために存在しているのですが、彼にそんな正論が通じるわけありません。

3. イレギュラーなことはしねぇ

基本的に一切と言っていいほどイレギュラーなことには対応しません。

例えば、ある試作で明らかに反応設備が壊れているにもかかわらず、試作を実施し、わけのわからん化合物を合成したことがありました。

私「これ、設備壊れてやりましたよね?壊れているのわかっていてやったんですか?」

職長「わかってたけど、特に試作依頼書に書いてなかったからそのままやったよ。もし壊れてたらどうするとか書かないお前が悪いよな」

私「」

職長「もう一回試作依頼からやり直しだな。んじゃよろしく!」

私「」

なぜ「困ったおっさん」は生まれるか

このような困ったおっさんの困った行動の原動力はなんなんでしょう?

私は「自分の存在意義の確認」だと考えます。

現場社員は単純作業要員です。

どんな人でも数日の研修でできるような簡単な仕事を延々とやります。

毎日8時間、60歳までです。

当然このような作業に達成感は乏しいです。

そういう人間はだんだん自分に自信がなくなり、セルフイメージが下がっていきます。

自分の存在価値や周りへの影響度が薄くなっているように感じるのです。

そんな人間が自分の存在価値を確認するためにできることは、2つあります。

 

1つ目は「誰よりも単純作業を丁寧にこなして信頼を得る」ということです。

単純作業は誰しもがやりたがらない仕事です。

それをいつ頼んでもしっかりやってくれるというのは本当にありがたいことで、絶大な信頼を得ることができます。

実際私も現場の方に、手厚いサポートを受け、涙が出るような思いをしたことが何度もあります。

こういう方には人が寄ってきて「〇〇さんにお願いしたい」「〇〇さんじゃないとできないよ!」という温かい言葉とともに仕事が舞い込みます。

そしてその人は現場にとってなくてはならない人になっていきます。

当然その方はそれによって心が満たされさらにいい仕事をするようになります。

するとさらに信頼度はUPし、好循環が生まれます。

このような方は、常に心が満たされ、仕事に夢中になっているため、パワハラ系のことは一切しません。

 

2つ目は「自分より弱い立場の人間を批判することで相対的に自分の価値を高める(高めた気になる)」ということです。

下記エントリでも書きましたが、パワハラをする人間は劣等感の塊です。

 

hirumanian.hatenablog.com

 

そんな輩は他人を批判して、自分はこいつよりも存在価値が高いんだ・・!と自分を勘違いさせることで、正気を保とうとします。

冒頭で紹介した職長は、試作という自分が唯一主導権を握れる場面で若手大卒エンジニアを困らせるということでこれを達成していると考えられます。

「俺がYESと言わないと試作は進まないのだ!つまり俺はお前よりもえらいのだ!」

想像したくもありませんが概ね上記のような思考だと思われます。

困ったおっさんの対処法

このような困ったおっさんに悩まされている方もいると思いますが、ちょっと待って欲しいです。

悩む必要なんてありません。

 

そもそもこのようなおっさんの市場価値はどれくらいあるでしょうか?

例えばですが冒頭に紹介した職長を例にとって考えます。

スペックは以下になります。

・学歴→高卒(偏差値40台)

保有資格は危険物&リーチリフト&普通免許

・英語力ゼロというかTOEIC受けたことない(受けても0-100点)

・スキルは設備を使える(ボタンを押せる)

・部下の育成能力→ゼロ

・人望→ゼロ

 

つまり会社の中では威張れても会社の外では雑魚of雑魚です。

 

さて、こんな人物が今の会社をクビになったらどうでしょうか?

即ホームレス決定です。

仮にビズリーチリクナビネクストに登録しても一切オファーがないでしょう。

 

また今後日本の工場は急速にスマートファクトリー化が進んでいく見込みです。

そうなると設備は順次オートメーション化されます。

故障等があった場合も即座にAIが異常を検知し、管理者に知らせる、あるいはその故障を加味した稼働条件に切り替えてくれるかもしれません。

つまりおっさんのウン10倍の生産性をおっさん数年分の給料で得ることが可能になります。

そんな世の中でこんなおっさんをあえて買う奇特な企業などあり得ません。

つまり数年後にこのおっさんの仕事は無くなっている可能性が高く、工場からいなくなっているか、掃除雑用係など完全裏方になると考えられます。

 

また仮に掃除当番等で辛うじて会社にいれたとしても、あなたはそのとき出世してこのおっさんより格上になっているはずなので、パワハラされることはありません。

 

よってこんなおっさん、威張っていられるのは今のうちだと思って、相手にしないことが賢明です。

 

もしどうしても何か頼み事をしたい場合は部長や課長など役職者を通してお願いしましょう。

前述したとおりこの手のおっさんは権力には弱いです。

評価は自分の存在価値に直結しますからね。

 

またあまりにも度を過ぎたパワハラを受けた場合は、人事に訴えましょう。

このご時世、証拠さえあれば会社も調査をしてくれるはずです。

この手のおっさんと話す時は録音アプリを起動させてから挑みましょう。

 

こんなおっさんにあなたの価値ある人生を台無しにされるのは本当に悲しいことです。

ぜひ、こんなおっさんは無視してメーカーならではのものづくりの楽しみを謳歌しましょう!

 

hirumanian.hatenablog.com